FC2ブログ

猫のひげ

15年目を迎えた【リフレ・猫のひげ】です。ご予約は前日までにnekonohige.2016@gmail.com又は携帯にお願いします。 

今夏のジブリ作品は「コクリコ坂から」!

コクリコ坂から
                                 公式サイト より
コクリコ坂から」の公開が2011年7月16日(土)に全国東宝系のロードショーに決定

コクリコ坂から」は、「なかよし」(講談社)で1980年1~8月号に連載されていた少女漫画。
30年前の「なかよし」連載、「コクリコ坂から」…、
何となく記憶のどこかに あるような気はするけど…
う~ん、 何も出てこない 駄目ですねー
しかし、アラフォー世代の娘はリアルタイムで読んでいるはず 覚えてるかなぁ

メール返信あり
覚えてる
ヒロインの名前が「海」であだ名が「メル」だったような。
この漫画で海のことをフランス語でラ・メールということを知った()。
話は細かくは覚えてないけど、
・ヒロインのお父さんは行方不明
・ヒロインは毎朝庭で旗を揚げている
・ヒロインの通う高校(?)で制服廃止運動がある
あたりが記憶にある…。我ながら昔のことはよく覚えてる(
   
との事ですが…さぁ記憶の正確度はいかがでしょうか

以上は、3月7日の娘とのやりとりですが・・・
その後の東日本大震災の余りの惨状にどこかに飛んでしまっていました。
予定通り公開されるのかどうか分かりませんが、
大変な時に少しでも心和む時間が過ごせる事を祈っています。

2010年12月15日、東京・有楽町・東宝本社において、
スタジオジブリの最新作が、宮崎吾朗監督の「コクリコ坂から」に決定したと発表。
宮崎吾朗監督にとっては、監督デビュー作「ゲド戦記」以来5年ぶりのメガホンとなる。

企画:宮崎 駿  監督:宮崎 吾朗  原作:高橋千鶴・佐山哲郎  脚本:宮崎 駿・丹羽 圭子
プロデューサー:鈴木 敏夫  音楽:武部 聡志  主題歌:手嶌 葵
 

 企画のための覚書「港の見える丘」(宮崎 駿)によると 
『映画「コクリコ坂から」は、1963年頃、オリンピックの前の年としたい。
47年前の横浜が舞台となる。
団塊の世代が現代っ子と呼ばれ始めた時代、その世代よりちょっと上の高校生達が主人公。
首都高はまだないが、交通地獄が叫ばれ道も電車もひしめき、公害で海や川は汚れた。
1963年は東京都内からカワセミが姿を消し、学級中で共通のアダ名が消えた時期でもある。
貧乏だが、希望だけがあった。

時間の流れ、空間の描写にリアリティーを持たせ、
少年達にも少女の学校友達にも、いかにもいそうな存在感がほしい。
」の祖母も母も、下宿人達も、それぞれクセはあるが共感できる人々にしたい。
観客が、自分にもそんな青春があったような気がして来たり、
自分もそう生きたいと、ひかれるような映画になるといいと思う。』
(詳細はコクリコ坂から公式HPを御覧ください。)

1963年頃、東京オリンピックの前年、47年前、私も高校生でした
ヒロイン「」と共に、あの青春時代に戻ることが出来るでしょうか…

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

左サイドメニュー

プロフィール

ひげにゃんこ

Author:ひげにゃんこ
星 座:蠍座
血液型:Rh+ AO型

・リフレクソロジー ・ロミロミ 
 
 

最新記事

月別アーカイブ

FC2カウンター