FC2ブログ

猫のひげ

15年目を迎えた【リフレ・猫のひげ】です。ご予約は前日までにnekonohige.2016@gmail.com又は携帯にお願いします。 

映画 『英国王のスピーチ』

英国王のスピーチ
(C)2010 See-Saw Films. All rights reserved

第83回アカデミー賞作品賞受賞作品
英国王のスピーチ』(原題: The King's Speech)は、2010年英国歴史ドラマ映画。

英国史上最も内気な王、ジョージ6世(ヨーク公アルバート王子)の史実を基に製作とか。

複雑で繊細なジョージ6世を『シングル・マン』のコリン・ファースが好演。
常に夫を支える頼もしいエリザベス妃役にヘレナ・ボナムカーター
気品と極上のユーモアをもたらし、
さらに、対等で親密な関係こそが治療の第一歩と信念を持つオーストラリア人の
スピーチ矯正専門家ライオネル・ローグに名優ジェフリー・ラッシュ。
この最高の布陣でメガホンをとったのは「第一容疑者」など
主にTV畑で手腕を発揮してきたトム・フーパー

1936年の英国。
国王ジョージ5世の後継として長男のエドワード8世が即位するが、
離婚歴のある米国女性(シンプソン夫人)と結婚するために
1年もしないうちに王座を捨ててしまう。
その為、ジョージ6世として王位に就くことになった弟のヨーク公は
内気な性格に加え幼い頃から吃音症に悩み、公務でのスピーチは常に苦痛の種。
そんな夫ジョージ6世を優しく励ます妻のエリザベス妃は、
オーストラリア人のスピーチ矯正専門家ライオネル・ローグを見つけ出す・・・・・

ナチス・ドイツとの開戦前夜、まず自分自身の劣等感と闘った国王。

英国映画らしいと言うべきなのか、味わい深くはあるが地味な映画でした。
そして、 エドワード8世やシンプソン夫人の描き方も英国映画だからか…と。

こんな地味な映画が アカデミー賞 最優秀作品賞・最優秀監督賞・最優秀主演男優賞
・最優秀脚本賞
なのもちょっと意外な感じがしたのは私だけでしょうか。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

左サイドメニュー

プロフィール

ひげにゃんこ

Author:ひげにゃんこ
星 座:蠍座
血液型:Rh+ AO型

・リフレクソロジー ・ロミロミ 
 
 

最新記事

月別アーカイブ

FC2カウンター