FC2ブログ

猫のひげ

15年目を迎えた【リフレ・猫のひげ】です。ご予約は前日までにnekonohige.2016@gmail.com又は携帯にお願いします。 

香り…匂い…その不思議な魔力?香水のコンペと市場

香りをテーマに、昨年5月14日、6月3日、9月23日、今年1月21日に、
重なる部分も有りますが、4回にわたり書いてきました。
そして最後に、究極の香り「香水」について・・・。
27.jpg003.jpg
厳しい香水コンペ…勝てば天国、負ければ地獄
有名ブランドの香水の多くは、香料会社の調香師がつくる。
自社専属調香師がいるブランドは一部の会社だけで、普通はブランド側が
新作コンセプトを複数の香料会社に示し、試作品を作らせコンペをする。
ブランド側は試作品改良を求めつつ、半年~1年、時にはもっと長い期間を
かけて選ぶ。

コンペに負けた香料会社は、どれだけ費用や労力をかけようが、報酬は
なくタダ働きとなる

ただ、ひとたび勝てば、報酬は300万~500万ユーロ(約3億8300万~
6億400万円)。
香水のレシピは香料会社のもので、人気商品になればブランド側から
追加注文が続き、何年にもわたって利益を生む。

223l.jpgmsrus.jpg
世界の香水市場は440億ドル(約4兆300億円)の規模(2011年)。
毎年1000を超える新作が世に出、同じ位が市場から消えていく厳しさ

世界最大の香水市場は…
市場調査会社ユーロモニターによると、2011年の世界最大香水市場は
ブラジルで全体の15.4%を占めていた(金額ベース)
2位はアメリカで13.2% … 2009年まではアメリカがトップだったが、
2010年にブラジルが抜いて1位になった。
フランスは6.1%で4位、日本は1.3%で18位、中国は2011年に日本を
抜き1.5%16位。

2011年の世界市場は、2006年の1.4倍になった。
この間、ブラジルでの売上は2.5倍に拡大し、フランスは1.2倍、日本と
アメリカはほぼ横ばいだった。
国民一人あたりの購入量は、ブラジルが151.4mlでダントツの1位。
ほぼ全量がスーパーなどで手軽に買える香水で、お手頃価格の香水を
たくさん使っているようだ。
フランスは71mlのうち、有名ブランドなどの香水が4割を占め、アメリカは
26.5mlでブランド物が6割、日本は6.1mlでブランド物は3割。

香水の「はやりすたり」には、女性のライフスタイルや女性を取り巻く世相が
投影されている。
「シャネル5番」が登場した1921年からしばらく、フランス香水の全盛期が
続いた。

1960年代、アメリカ系メーカーが参入、この頃から女性のライフスタイルを
提案しようという香水が出始めた。

eclatdarpege_a.jpgges.jpg

1970年代前半、アメリカ・レブロンが「チャーリー」を売りだした。
爽やかなライトフローラル調が大ヒット「女性の権利や自立を主張した
香り」と受け止められた。

1980年代半ばには、セクシーな女性像が強調されるようになり、アメリカ
カルバン・クラインの「オブセッション」が、オリエンタル調の濃厚で個性的な
香りで、女性の性的開放の象徴として人気になった。
だが、時代はもう一回りして、1988年カルバン・クラインは、夫婦の永遠の
愛を表現した「エタニティ」を売り出した。

そして、今や香水は女性のものばかりではなく、男性ものも売りだされ、
女性が男性用を愛用したり…と自由に楽しむものとなっているようです。

売れ筋は諸説あり…何を基準にするか?なかなか難しい問題のようです。

ブルガリ、シャネル、クロエ、ランバン、ドルチェ&ガッバーナ、
イヴ・サンローラン、クリスチャンディオール、ゲラン、エルメス、
ジバンシィ、ヴェルサーチ、フェエラガモ(順不同)など、まだまだたくさん、
数えきれない程有りますね。
貴女のお好みは

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

左サイドメニュー

プロフィール

ひげにゃんこ

Author:ひげにゃんこ
星 座:蠍座
血液型:Rh+ AO型

・リフレクソロジー ・ロミロミ 
 
 

最新記事

月別アーカイブ

FC2カウンター